子育て住職 すくすくなる日々

京都東本願寺にて住職任命式をうけました

シェアする

ご報告です。

先日、京都東本願寺にて行われました、
住職修習(※)に参加をして、
6/13に、正式に住職に任命されました。
(※宿泊型の修練&研修といった形です。)

これまでは、「住職代務」として、
当ホームページや名刺には記載しておりましたが、
これで「住職の代務者」ではなく、「住職」となりました。
(ホームページ上の「代務」という記載も消していきます。)

住職修習は、門徒総代さんと一緒に参加するというルールがあるのですが、
ご高齢の大徳寺 責任役員さんのご意向により、
その方のお孫さんに総代さんとして同行して頂きました。

修習中、住職予定者と総代さんは
時には一緒に、時にはわかれて、
多くの学びの場を体験します。
その中で、それぞれ、新たな住職仲間・総代仲間と語り合っていく訳です。

 
そして、最終日。

その日のメインとして、お互いの思いをぶつける場があります。
(住職予定者とそのお寺の総代さんが1対1で向き合って行います)

そこで、総代さんから言われた
逆境だからこそ、出来ることがある。ピンチとはつまりチャンスである。
という言葉には深く共感させられましたし、
大事にしていきたい事だと思います。

 
修習が終わってからも、京都駅近くの飲食店に寄り、
総代さんと今後のお寺のあり方について深く話をしました。
また、新たな方向性が出てきそうな予感です★

世の中において、(葬式や法事だけではなく)
お寺が出来ることはたくさんありそうだと、
感じさせられた日々でした。

 
皆様、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 
合掌

 
光道山 慈興院大徳寺 58代住職 佐伯 徳順

シェアする

すくすくなる日々|慈興院大徳寺
京都東本願寺にて住職任命式をうけました
この記事が気に入ったら
「すくすくなる日々|慈興院大徳寺」のfacebookページをいいね